STAFF/Nozomi


by CC-nozomi
ブルースポットデモイセルは、
パラオの内湾で見られる代表的なスズメダイです。



成魚は、控えめなカラーリングであまり目立ちません。

e0248740_14485158.jpg


たくさんいるのですが、いすぎるからか?逆に目につかないという・・・
そんな、地味目なスズメダイなのですが






幼魚のころは、きれいな色味で人気があります(^^)

数匹かたまってホバーリングしていることが多く
時々、結構いい数の集団でいることもあります。



ブルースポットデモイセル抜きの、ブルースポットデモイセル。

e0248740_14485638.jpg

黄色と水色、パラオカラーが目立ちますね。

このチビサイズは、小豆サイズ。
チビチビ、ピヨピヨ、とっても可愛らしいです。




クルコン桟橋前でも、普通にたくさんいますので
じっくり撮影したい方にはおすすめです(*^^)v









[PR]
# by CC-nozomi | 2017-11-30 14:56 | スズメダイ科 | Comments(0)

オニカマス 特大

もう、どのくらい前からでしょうか
2年くらい前になりますかね


ブルーホールや、ブルーコーナーをウロウロ行き来している
特大オニカマスがいます。



ダイバーが近づいても、あまり動じず
大体。至近距離で会うことができます。



近くで見ると、本当に大きくて、太くて、
顔や口が大きくて、歯なんか、ものすごい!!

ちょっと、近づきすぎるとこわいくらいです。
いつ、スイッチが入るかわかりませんからね・・・。





みなさんも、ブルーホールやブルーコーナーで、会えるかも。

e0248740_12184353.jpg

激しく追うと逃げますが、そーっとゆっくり近づくと寄らせてくれます。



古傷の跡が、なんだかカッコ良く見えてしまう。


私も、この子はお気に入り。

名前、付けようかと考えていますが
なかなか、いい名前が思い浮かばず。


いいアイディアありましたら、ぜひ(^^)


[PR]
# by CC-nozomi | 2017-11-30 12:26 | ワイド | Comments(0)
2017年10月に、21,22号の台風が通過した後
海の中で、色々な変化が起こっていました。



そのうちの一つ、白化したセンジュイソギンチャクが増えたこと。



これは、台風が直接の原因ではなく
その前に、水温が高い時期が続いていたことなども関係していると思いますが

確実に、台風後に白化しているセンジュイソギンチャクが増えたと思います。





イソギンチャクの体内には、褐虫藻と呼ばれる藻の仲間が棲んでいます。
その褐虫藻は、光合成して作り出した栄養を、イソンギンチャクに分け与えています。



褐虫藻は、イソギンチャクの体内にいることで身を守ることができるため
お互いに利益のある、Win Winの関係。




褐虫藻が、イソギンチャクからいなくなってしまうと、色が白くなります。




褐虫藻から栄養がもらえなくなると困りますが、

イソギンチャク自身も、触手を伸ばして、プランクトンを捕食しているので
すぐには、イソギンチャクが死んでしまうことはないようです。






とはいえ、褐虫藻がいてくれたほうがより安泰にイソギンチャクが過ごせているというわけですね。

褐虫藻が再び入ってくれれば、また通常の色に戻ります。



台風が去って1か月ほど。
白化していたイソギンチャクが、まだらに元の色に戻り始めているのを見かけるようになりました。


よかったよかった。







白化自体は、喜ばしいことではないのですが
フォトジェニックでとても美しいのも事実。


こちらは、ニュードロップオフのお気に入りの色の子。

先のほうだけ、青緑色が残っています。

e0248740_13434905.jpg

イソギンチャクの裏も、青色が美しいので
壺状に丸まったら、きれいなんだろうな、と思っていたのですが








ある日、丸まっていました(^_-)-☆
e0248740_13450220.jpg








まるで、芸術品のよう。
e0248740_13450971.jpg









色味は、先のほうだけ蛍光黄色のタイプ、蛍光ピンクのタイプ、蛍光青のタイプなどがあります。



期間限定の美しさ。

いかがでしょうか?

e0248740_13434085.jpg





[PR]
# by CC-nozomi | 2017-11-28 14:05 | 魚その他 | Comments(0)
オヨギイソハゼ


パラオの内湾では、どこにでも、ものすごくたくさんいる魚です。
小さくて、群れでいます。




クルコン桟橋前のドロップオフにもたくさんいて、立派なオスも多いです。

吠えた!!
e0248740_13280758.jpg
眉毛あるみたいだし、変な顔・・・!!(笑)






そんなクルコン桟橋前のドロップオフ沿いでは、
オスの婚姻色もよく見られます。


普段は、ひれにも色味がなく、地味なのですが
同じ魚とは思えないほど、豹変します!!
e0248740_13282132.jpg
右下の、通常時バージョンと比べるとよく分かりますね。

ひれの色だけでなく、顔周りの色も、全然違う!!









どやっ!!
e0248740_13312585.jpg


普段地味なだけに、この豹変っぷり。

普段、ちょっと間抜けな感じなのに(失礼です)
本気出すと、すごい。




そんな、本気なオヨギイソハゼ。
クルコン桟橋前でお待ちしております!!




[PR]
# by CC-nozomi | 2017-11-28 13:40 | ハゼ科 | Comments(0)

イレズミハゼ属の1種

ブルーコーナーのドロップオフで、ベニハゼを探していたら



大きさはベニハゼっぽいけれど

一目で違うな、と分かるほど胸鰭が大きく開いた子が、ちょこん。

e0248740_13194392.jpg

イレズミハゼ属の1種だと思われるハゼです。
この個体は、2cm程と小さめ。




ちょっとデリケートで、強めにライトで照らしてしまうと
引っ込んでしまいました。


正面からしか見れなかった(*´з`)

全身、おさめたかったな。




また会いに行ってみます!


[PR]
# by CC-nozomi | 2017-11-28 13:26 | ハゼ科 | Comments(0)